グリーティングカードとは?海外の友人へクリスマスの書き方は?

クリスマスカード クリスマス

クリスマスカード
段々と気温も下がりクリスマスやお正月が刻一刻と近づく今日このごろ。
海外のお友達へ、クリスマスに書くお手紙の準備はできていますか?

クリスマスに書くお手紙といえば、クリスマスカードを連想する方がとても多いかと思います。
しかし海外には他にもグリーティングカードという形で手紙を送るのも主流です。

今回はそんなグリーティングカードとは何なのか、
そしてグリーティングカードとクリスマスカードはどちらを送ればいいのか、
グリーティングカードの書き方などを見ていきましょう。

スポンサーリンク
  

グリーティングカードとは?

グリーティングカードとは、年中行事などの節目に合わせ、
感謝の気持ちや近況の報告などの挨拶を交わす為に交わされるカードのことです。

アメリカでは一般的にクリスマスやバレンタインデー、誕生日なんかに送ります。
つまりクリスマスカードもグリーティングカードの中の一部なんです。

見た目は二つ折りタイプのものが主流ですが、絵ハガキタイプのカードで送ることもあります。

日本での年賀状や暑中見舞い、寒中見舞いなんかも考え方によっては和製グリーティングカードと言えるのではないでしょうか?

海外の友人にグリーティングカードとクリスマスカードどっちを送るのがいいの?

前章でもお説明したように、クリスマスカードはグリーティングカードという大枠の中の一部です。

しかし、日本ではあまり意識付けされていませんが
クリスマスは元々キリスト教の文化なので、相手の信仰している宗教によっては祝わないこともあります。
気にしない人も多く存在することもたしかですが、折角相手を思って出すカードですので、そういった部分にまでしっかりと配慮するとよいでしょう。

クリスマスカードには「Merry Christmas !」の文字が入ってしまっているので、
そのような場合や相手の信教がわからない場合は「Happy Holidays」などの言葉が入った
グリーティングカードを送ることをオススメします。

スポンサーリンク

クリスマスにグリーティングカードの書き方は?

海外のご友人へグリーティングカードを出す際の文面は、前章で挙げたように相手によって使い分けるとよいでしょう。

また、クリスマスや年末年始のカードには日付を入れないのが一般的です。

文面などをパソコンで作成する場合であっても、署名部分は自筆で書くとより一層相手に気持ちが伝わるでしょう。

まとめ

海外の友人ができると文化や価値観の違いを楽しむことができます。
しっかりと相手のことを理解し、相手に寄り添った交流をすることでより一層友情も深まるでしょう。

クリスマスという大きなイベントは国内外問わず大きなイベント。
素敵なグリーティングカードを送り合って素敵なクリスマスを過ごしましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました