30代男性が冬の同窓会で失敗しない服装は?靴やバッグはどうする?

乾杯 マナー関連

乾杯
冬に同窓会の予定が決まったものの男性の皆様はどんな服装で行けばいいのか悩んでいませんでしょうか?
20代の頃だったら私服で行ったけど、もう30代だしスーツの方がいいのだろうか?
履いていく靴やバッグはどうするの?

今回はそんな冬の同窓会に際しての疑問を1つ1つ解決していきましょう。

スポンサーリンク
  

30代男性が冬の同窓会で失敗しない服装は?

同窓会に参加する際に服装で心がけたいことは、会場や会の雰囲気に合わせるということです。

スーツで参加しなければいけないということもありませんし、
逆にスーツで参加してはいけないということもありません。

●ホテルや高級レストランなどの固い会場で開催の場合
フォーマルな格好やセミフォーマルな格好が好ましいです。
上は襟付きシャツにジャケット、パンツは長い物でスラックスやチノパンなどのスタイルが良いです。

●居酒屋やカジュアルレストランなどの軽めの会場で開催の場合
カジュアルな格好が好ましいです。
上は落ち着いた色のニットや軽めのシャツ、パンツはこちらも長い物が良いでしょう。
ジーンズなどでも問題ないですが、ダメージのあるものやあまり奇抜な色な物は控えましょう。

スポンサーリンク

同窓会の服装 靴はどんなものがいい?

おしゃれは足元からともいいますし、同窓会でもしっかりと気を使いたいものですよね。
冬の同窓会に参加する際に履いていくと良い靴はスウェードのシューズです。
フォーマルなシーン、カジュアルなシーンどちらにも合わせることができ、スウェードならば冬の季節感にも良く合います。

また、結婚式のようにつま先の出る靴はダメなどのマナーはありませんが、サンダルなどはやめておいたほうが良いでしょう。

同窓会に持って行くバッグはどんなものがいい?

バッグは会場に着けば見えなくなりますが、ある程度服装とのトーンは合わせると良いです。

フォーマルな格好の際はキャンパス生地のものは避けたほうが良いです。
逆にカジュアルな格好にビジネスバッグは避けたほうが良いです。

それぞれ会場や会ごとの服装がどのようなトーンなのかをしっかりと踏まえた選択をしましょう。

まとめ

同窓会は昔をの話に花を咲かせ懐かしむ場ではありますが、
それから現在のあなたがどのように変わったのかなども見られる場でもあります。

変に格好つけたり取り繕う必要はないですが、あまりにも会とミスマッチな格好をしてしまうのは
既に社会に出た大人として恥ずかしいと思われてしまうこともあります。
そこで良縁が生じる可能性も勿論あります。
しっかりと会場や会の雰囲気、トーンを把握した上で
適切な服装選びをし、同窓会を楽しみましょう!

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました