インスタントラーメンの液体スープの賞味期限と確認方法を解説!

ラーメンスープ フード

ラーメンスープ
スーパーやコンビニで売っているインスタントラーメン。
乾麺タイプの物から生麺タイプのものまで幅広くラインナップが揃っていますね。
複数食分入っている場合スープが余ってしまう場合がありますよね。
いつか使えるかもと思って冷蔵庫に眠ったまま数ヶ月。
ふとした拍子に気がついて、麺だけ買えばまだ食べれるのかな?と気になったことはありませんか。

今回はそんなインスタントラーメンについている液体スープの賞味期限と、
腐っているか・まだ食べられるかの確認方法、
そしてもし賞味期限切れのラーメンスープを飲んでしまった際どうすればよいのかを説明していきます。

スポンサーリンク
  

インスタントラーメンの液体スープの賞味期限は?

インスタントラーメンに付属している液体スープの賞味期限は個包装されていますよね。
ですから、麺の賞味期限よりも長持ちします。
しかし、メーカーとしては1つの麺に対して1つのスープを同時に使用するという想定で賞味期限を設定していますので、
麺の賞味期限と液体スープの賞味期限を同様としている場合がほとんどです。

しかし、麺とは別売りでスープのみを販売しているものに対しての賞味期限はおよそ半年から1年ほどと設けられていることが多いです。
ですから、スープが麺よりも長持ちをすることは確かなのですが、
それによって身体的に影響が出てもメーカーは責任を持てないよということです。

余ったスープはもったいなく感じてしまいますが、もとの賞味期限を過ぎているようでしたら潔く捨てるのが良いでしょう。
しかし、やはりもったいないと思ってしまう時もあるでしょう。
その際はしっかりと自分の目と鼻そして舌で確認し、自己責任の上で召し上がってください。

スポンサーリンク

ラーメンのスープは腐るの?

インスタントラーメンのスープは塩分濃度が高く、保存料などの添加物も含まれているためある程度の日数は腐らずに保たれます。
しかし、食品である以上腐るということは自然なことです。
また、冷凍庫で凍らせて保管していた場合はもっと長持ちします。

賞味期限が過ぎたスープを実際に召し上がられる際は

・腐敗臭や酸っぱい臭いはしないかどうか
・変な酸味はしないかどうか
・色が変色していないかどうか

しっかりと確認しましょう。

賞味期限切れのラーメンスープを飲んでしまったら

賞味期限とはあくまで美味しく食べることのできる目安です。
ですからある程度過ぎたものを食べたとしても問題はありません。

また、インスタントラーメンのスープは消費期限を設けられていない為、この日程を過ぎたから食べられないという線引きはとても難しいです。
しかし、腐敗や劣化が進んだ食品を食べることによって腹痛などの身体的影響が出てしまうこともあります。

特に夏場暑い場所で保管していたりする場合は劣化も早まります。
食べる前の違和感や、食べた後も異変を少しでも感じたら食べるのをやめたほうが良いでしょう。

腹痛や嘔吐などが起こるようでしたら食中毒の可能性もありますので、早急に医療機関にかかるようにしてください。

まとめ

インスタントラーメンは便利で美味しいですし、家に買い溜めている人も多いかと思います。
スープを余らせてしまったからといって長い間冷蔵庫の肥やしにせず、
なるべく早く調理に活用することが大切です。
スーパーでは生麺を購入できますし、
野菜炒めやドレッシングの調味料としても活用することが出来ます。
代案レシピも沢山調べれば出てきますので、是非活用してください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました