子どもの為にクリスマスツリーは毎年出す?面倒な時や出さない時の解決法

Xmastreegirl クリスマス

Xmastreegirl
子どもを持つ家庭は12月に入るとクリスマスツリーを出すことが多いです。
マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいると年の近い子を持つ家庭同士での交流や自宅に招くといった機会も少なくありませんよね。
そんな中で見栄の張り合いや世間体を気にしたりはしていませんか?

本当はクリスマスツリーを毎年出すのに面倒臭さを感じているけれど、ご近所の目もあるし、そして子どもの為にも出さなくちゃ。
そんな風に感じている方の為に今回は、本当に子どものためにクリスマスツリーを出すべきなのか、
クリスマスツリーを出すのが面倒な時の対策、クリスマスツリーを出さない場合の子どもへの伝え方を解説していきます。

スポンサーリンク
  

子どものためにクリスマスツリーは毎年出すべき?

自宅に飾るクリスマスツリーは大きいものから小さいものまで様々です。
どんなものであろうとクリスマスの時期にクリスマスツリーが家に出ていると子どもは喜びますよね。
ですが、クリスマスツリーを出すためには置き場所を確保したり、しまっていた間に付いた汚れを掃除したりなどと大変です。
大掛かりなツリーは毎年の恒例行事にする必要はありません。

しかし、宗教的問題や身内の不幸などの特別な理由を除いてクリスマスのお祝いは日本であろうと子ども一緒にする方が良いです。
理由として、現在の日本でクリスマスの行事は広く浸透し、様々な家庭で同様のお祝いが行われているからです。
幼稚園や学校などでは子ども間だけでなく先生とのやり取りの中でもクリスマスの話題が挙がります。
そうした時に自分はやってないという疎外感を感じてしまう事のないように玄関に簡単な飾り付けをするなどでもすると良いです。
現在は100円均一ショップでもクリスマスシーズンになるとかわいい小物が多く出ますので、
片付けなどが面倒くさい場合は毎年使い捨てとして利用するのも良いでしょう。

スポンサーリンク

クリスマスツリーを出さない場合の子どもへの伝え方

毎年クリスマスツリーを出していたにも関わらず今年は出さないとなると子どもは落ち込むかもしれません。
出すのが面倒だからなどと直接的に伝えてしまうと子どもの心を傷つけてしまう可能性があります。
今年はクリスマスツリーを出さないと決めた時には、
「お家のクリスマスツリーの代わりに今年はお外にある大きなツリーを見に行こっか!」
などと都心で開催されているクリスマスイベントのツリーを一緒に見に行くなどすると良いです。

肝心なのは、「出さない」ということを伝えるのではなく、「家の代わりにお外にツリーがある」ということを伝えることが大切です。

クリスマスツリーを出すのが面倒な時の対策

無理して出さなくてもいいとは言ったものの、やはり家にクリスマスツリーを置いておきたいという時は
クリスマスツリーのレンタルサービスを利用することをオススメします。
クリスマスツリーのレンタルサービスは商品を郵送で届けてくれるものと、実際に業者の方が設置から撤収までを行ってくれるサービスがあります。
郵送のものであっても押し入れの奥から取り出す手間や掃除の手間がかからないのでクリスマスツリーの設置がとても楽になりますし、
業者が設置してくれるものは全てを任せることができるので手間を気にすること無く楽しむことが出来ます。

また、価格も1万円以下から利用できるサービスも多くあります。
面倒さを感じずともクリスマスツリーを設置する方法はありますので、面倒だけれども出したいという方にはオススメです。

まとめ

クリスマスの様な毎年恒例行事はとても楽しいですが、その反面で面倒だと感じる部分も必ずあります。
面倒な手間まで含めて行事の楽しみとできることが一番ですし、毎年子どもの成長を感じる事のできるものです。
面倒な部分と上手に付き合いながら素敵なクリスマスをお過ごしください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました