お歳暮を簡易包装で贈ることは失礼?簡易包装とは?のしはどうする?

お歳暮 マナー関連

お歳暮
12月が近づくと日頃お世話になっている方への感謝やご無沙汰している方へ挨拶の意味も込めてお歳暮を贈ります。
今までお歳暮はデパートや百貨店などで購入することが基本でしたが、最近ではインターネットでお歳暮を購入するということも珍しくありません。

そこで良く目にするのが「簡易包装」の文字。
勿論インターネットだけでなくデパートや百貨店などでも簡易包装の方針は進んでいます。

今回は日頃お世話になっている方へ贈るお歳暮を簡易包装で贈っても失礼には当たらないのか、
そして簡易包装とはどういうものなのか、簡易包装の際のしはどうすればよいのかを見ていきましょう。

スポンサーリンク
  

お歳暮を簡易包装で贈ることは失礼?

お歳暮を簡易包装で贈ることは失礼に当たりません。

お歳暮は元々気持ちを贈るものですので、中身や包装ではなく心がこもっているかどうかが重要です。
贈り物はしっかりと完全包装するものと考えられガチですが、
気持ちを贈るということを考えれば簡易包装であっても完全包装であっても郵送ではなく直接手渡しをするというのが最も良い形です。
しかし互いに繁忙な季節でもありますので、直接渡すことができない時は送り状や添え状を併せて贈ると良いです。

お歳暮の簡易包装とはどんなもの?

簡易包装とは、包装に際する紙などの資源を減らし環境へ配慮した包装方法のことです。

従来の完全包装と呼ばれる包装方法では商品を箱に入れその上や中から何重にも包装用紙や包装材を重ねてきました。
簡易包装ではそのような包装用紙を排除し、ラッピングも箱の上や商品の上からプチプチ等の衝撃吸収材を巻きつける程度の物が多いです。

簡易とはいいつつも包装の度合いは店舗によってまちまちです。
デパートや百貨店の簡易包装はある程度は箱の上からも包装をすることが多いです。
逆にインターネットでは出品者によってその具合は大きく変わってき、箱の上から伝票を貼り付けただけのようなものも多くあります。
可能であれば発送者へ環境のため簡易包装で送付している旨の記載をしてもらえるようお願いすることをオススメします。

スポンサーリンク

お歳暮の季節になると頂いた側も資源ごみが沢山出て捨てるのが大変になります。
そういった意味でも簡易包装は捨てるゴミが少なくて助かるという意見も沢山あります。

お歳暮の簡易包装でのしはどうする?

インターネットでお歳暮を注文する場合、簡易包装ではのしが付いていないことが多いです。
デパートや百貨店では簡易包装でものしを付けて貰えることがほとんどですが、メーカー直送や冷蔵商品などはそののしに名入れができないことが多いです。

簡易包装では有りながらどうしてものしを付けたい場合は、100円ショップやスーパーでのし紙を販売していますし、自作するという方法もあります。

まとめ

いまどきは環境に配慮するのが当たり前の時代です。
環境に配慮した簡易包装でお歳暮を贈るということは素敵なことだとです。
しっかりとお歳暮を贈る意味を考え、気持ちを贈るということを大切にしましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました