屋台のラーメンは衛生的に大丈夫?営業許可はとってる?おいしいの?

屋台ラーメン フード

屋台ラーメン
仕事終わりに駅前を歩いていると、鼻をくすぐる美味しそうな臭い。
冬が近づくにつれ、おでんやラーメンの屋台が賑わい始めます。

少し気になるけれど、なんだか衛生的にどうなんだろうと思っている方の為に
今回はラーメン屋台の衛生管理について、そして営業許可は取っているのか、
そもそもおいしいのか?というところについて説明していきます。

スポンサーリンク
  

屋台のラーメンは衛生的に大丈夫なの?

屋台のラーメンは衛生的には問題ありません。
きちんと保健所の指導が入っており、なま物を扱っていけないなどと細かいルールもあります。
食べることで食中毒や体調を壊すということは基本的にありません。

屋台といえばお祭りの出店などと比較されることもありますが、衛生面で言えば長く継続しており、
度々指導やチェックの入る屋台の方が、きちんと守られていることが多いです。

しかし洗い物などをするための水道が無いので、洗い物は汲み置きのバケツに入った水などで行っています。
あなた自信が潔癖症であったり、そういった方と行かれる場合はおすすめしません。
綺麗な環境で食事を楽しみたいという方は店舗をもったラーメン店で食べるのが一番でしょう。

スポンサーリンク

屋台のラーメンはちゃんと営業許可を取っているの?

屋台は運営するために食品衛生法に基づいた保健所の営業許可を取得しています。
他にも、道路を使用するための道路交通法に基づいた警察署の許可や、
地域に基づいた場所の使用許可を自治体に申請したりと、多くの方の目を通してその屋台が営業しても問題がないかとチェックされています。

屋台のラーメンはおいしいの?

屋台のラーメンのおいしさはラーメン自体にフォーカスを当てて言えば”可もなく不可もなく”です。

関東では醤油ベースであったり、博多では豚骨であったり、北海道では味噌だったりとスープのベースは地域によって変わってきますが、
基本的にどこの屋台に行ったとしてもその醍醐味は味ではなく雰囲気と会話です。

店内で食べるのとはまた一風変わった月明かりの下で、夜風にあたりながら食べるラーメンは最高のスパイスになります。
そして、屋台の店主は距離が近いことが多いので、彼らとの会話を楽しむことが屋台ならではの魅力でしょう。

まとめ

近年一層規制が厳しくなりつつあり、また経営難も重なって屋台の数も年々減少しています。
一見汚らしく見られがちな屋台ですが、一度勇気を振り絞って足を運ぶとその魅力にハマってしまう方も多いです。

是非皆様も昔ながらの風情を感じる屋台でラーメンを食べてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました