忘年会で新人の欠席はどんな理由なら許される?人事評価やお詫びは?

社会人の疑問 ビジネス

社会人の疑問
年末が近づくにつれ職場でのビッグイベントである忘年会も開催されます。
忘年会の幹事や出し物などは新人が事前から入念に準備をすることが多いですよね。

欠席をしようものなら同期に負担をかけてしまいますし、上司からも大事な役割を放り出して来ない奴だと思われては堪りません。
今回はそんな忘年会の重要な役割を担っている新人が当日欠席をする際、どんな理由だったら許されるのか、
そしてそれに伴う人事やボーナスの査定評価に影響するのか、欠席したことに関するお詫びはどうするべきなのか見ていきましょう

スポンサーリンク
  

忘年会で新人の欠席はどんな理由なら許される?

忘年会で重要な役割を担っている場合、出来る限り私情での欠席は評価を下げてしまうこともあります。

一方で風邪や熱など他人にうつしてしまう体調不良は逆に来る方が迷惑となる為、
比較的穏便に欠席することができます。
しかし、忘年会翌日も出社であったり休んでいる日に職場の人と遭遇してしまうと、
トラブルになってしまうこともあるので理由としての使用はできるだけ慎重に使いたいところです。

弔事などでの欠席理由は後の年賀状や年始の挨拶などまで影響してしまいますし、
何より不謹慎とより評価を下げることになってしまいますので、本当に弔事があった場合のみに使用しましょう。

忘年会で新人の欠席はボーナスや人事査定の評価に影響するの?

忘年会での出欠席がボーナスの額や人事査定に直接影響することはありません。

しかし、忘年会の場で上司とより理解を深め合ったり、
そこでの活躍や出し物から能力を見出され仕事にも反映されることはあります。

忘年会は通常業務では見せないような特技や能力をアピールできる場としても活用できます。
自身がどのようにしたいのかをしっかりと考えてから、欠席を決めたほうが良いでしょう。

スポンサーリンク

忘年会で新人の欠席についてお詫びは入れた方がいいの?

忘年会の欠席のお詫びは、上司よりも共に会を作っていた同期に入れたほうが良いです。
会社では上司だけでなく同期間の交流や情報交換も大切になってきます。

そういった同期のコミュニティから煙たがられることの無いように、
しっかりと同期にお詫びのメッセージを入れておくと良いです。
何か重要なポジションを担う予定であったならば、
休む事を事前から伝えておきしっかりとそのポジションの引き継ぎをしてくれる人を見つけておきましょう。

まとめ

忘年会は給料が発生しない業務外での労働であることがほとんどです。
その為無駄だと感じたり、欠席したいと感じる人は多く居ますし、
勿論給料が発生しない以上会社として出席を強制することはできません。

メリットとデメリットをしっかりと踏まえ、出欠席を決めましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました