ひそひそ話.com

日常のお役立ち情報をひそひそっとお伝えします。

フード 健康関連 冬の行事 年末年始 赤ちゃん

七草粥は赤ちゃんにいつからあげる?離乳食になる?アレルギーは?

投稿日:

赤ちゃんとおかゆ
年末年始の忙しさも抜け、1月7日になると春の七草で作る七草粥を食べるのが昔からの風習ですね。
年始のおいしいごはんやお酒で弱った胃腸を休める役割と同時に、一年の無病息災を祈る意味を持つ七草粥。
折角なので赤ちゃんと一緒に楽しみたいですよね。

今回はそんな七草粥を赤ちゃんにいつからあげてもいいのか、
七草粥を離乳食として使用できるのか、注意すべき七草粥のアレルギーは何なのか説明していきます。

スポンサーリンク
  

七草粥は赤ちゃんにいつからあげる?

赤ちゃんに七草粥をあげる際は、10ヶ月から11ヶ月程度であれば安心してあげることができます。
また、野菜は包丁で切るだけだと喉につまらせたりする原因となるため、
しっかりとフードプロセッサーなどで細かくすると良いです。

アレルギーがまだはっきりとわからないうちはタマゴなどを入れるのは控え、お粥と七草だけのものをあげましょう。

赤ちゃんの離乳食として七草粥は使用できる?

赤ちゃんの離乳食として七草粥は使用することができます。
大体7ヶ月から8ヶ月の離乳食中期からその後の移行期程度目安にすると良いでしょう。

スポンサーリンク

七草には苦味がありますので、大人と同じように作ると赤ちゃんは食べるのを嫌がることもあります。
七草粥といっても、赤ちゃん用には少し入れるものを変えて「特別な七草粥」にしてあげることもオススメです。

赤ちゃんに七草粥をあげる際アレルギーは何がある?

七草には花粉にアレルギーがある際、摂取すると症状が出る場合があります。
ヨモギやブタクサなどのアレルギーを持っている場合は注意が必要です。

他にも一緒に入れるものによって、卵による鶏卵アレルギーや醤油などによる大豆アレルギー、
カツオなどの出汁などによる魚などのアレルギーがありますので、調味料や味付けにも注意が必要です。

まとめ

一見身体に良さそうな七草粥ですが、大人と同じ感覚で作ってしまうと重大なアレルギーを引き起こすこともあります。
赤ちゃんが何のアレルギーを持っていのるかしっかりと理解した上で、赤ちゃん専用の七草粥を作ってあげましょう。

一家揃って無病息災、一年を元気に過ごしていきましょう。

スポンサーリンク

-フード, 健康関連, 冬の行事, 年末年始, 赤ちゃん
-, , ,

関連記事

スーツ

仕事納めの挨拶は上司に何という?一人一人にする?メールでもいいの?

新入社員の皆さんは仕事を始めて初めての年末。 仕事納めを迎える際、帰り際なんと挨拶すれば良いのか知っておきたいですよね。 挨拶するべき人に失礼の無いよう、また居なかった際はメールでも良いのか、 そして…

続きを読む

猫

猫アレルギーの人が猫を飼う方法は?アレルギーの判断方法と対策

一人暮らしを始めるとなんだか少し寂しくてペットでも飼いたいなとなりますよね。 可愛さいっぱいで大人気の猫ですが、いざ飼ってみたら猫アレルギー持ちが発覚…。 などということがあったら大変ですよね。 スポ…

続きを読む

年賀状

内定先へ年賀状は出すべき?誰宛で出すの?学校名は入れるの?

就職活動も終わり、年末が近づくといよいよ年賀状シーズンです。 普段友人などにはあまり年賀状を書かなかったような人でも、 内定先へは年賀状を出したほうがいいのか気になることかと思います。 スポンサーリン…

続きを読む

加湿器は一人暮らしの部屋に必要?冬での効果やお手入れは面倒なの?

冬になると空気の乾燥による身体への影響が目立ってきますよね。 肌荒れに、喉の痛み何かが主な影響でしょうか。 スポンサーリンク 病気ではインフルエンザなんかもありますし、 もし一人暮らしの中でかかってし…

続きを読む

お年玉

姪っ子の赤ちゃんへお年玉はどうする?いくら?代わりの物をあげる?

甥っ子や姪っ子の赤ちゃんは自分の子でなくてもとても可愛いですよね。 大晦日には甥っ子や姪っ子にお年玉をあげるということは珍しくありません。 しかし、まだ赤ちゃんですのでお金を渡すというのもなと思ってい…

続きを読む