ひそひそ話.com

日常のお役立ち情報をひそひそっとお伝えします。

フード 健康関連 冬の行事 年末年始 赤ちゃん

七草粥は赤ちゃんにいつからあげる?離乳食になる?アレルギーは?

投稿日:

赤ちゃんとおかゆ
年末年始の忙しさも抜け、1月7日になると春の七草で作る七草粥を食べるのが昔からの風習ですね。
年始のおいしいごはんやお酒で弱った胃腸を休める役割と同時に、一年の無病息災を祈る意味を持つ七草粥。
折角なので赤ちゃんと一緒に楽しみたいですよね。

今回はそんな七草粥を赤ちゃんにいつからあげてもいいのか、
七草粥を離乳食として使用できるのか、注意すべき七草粥のアレルギーは何なのか説明していきます。

スポンサーリンク
  

七草粥は赤ちゃんにいつからあげる?

赤ちゃんに七草粥をあげる際は、10ヶ月から11ヶ月程度であれば安心してあげることができます。
また、野菜は包丁で切るだけだと喉につまらせたりする原因となるため、
しっかりとフードプロセッサーなどで細かくすると良いです。

アレルギーがまだはっきりとわからないうちはタマゴなどを入れるのは控え、お粥と七草だけのものをあげましょう。

赤ちゃんの離乳食として七草粥は使用できる?

赤ちゃんの離乳食として七草粥は使用することができます。
大体7ヶ月から8ヶ月の離乳食中期からその後の移行期程度目安にすると良いでしょう。

スポンサーリンク

七草には苦味がありますので、大人と同じように作ると赤ちゃんは食べるのを嫌がることもあります。
七草粥といっても、赤ちゃん用には少し入れるものを変えて「特別な七草粥」にしてあげることもオススメです。

赤ちゃんに七草粥をあげる際アレルギーは何がある?

七草には花粉にアレルギーがある際、摂取すると症状が出る場合があります。
ヨモギやブタクサなどのアレルギーを持っている場合は注意が必要です。

他にも一緒に入れるものによって、卵による鶏卵アレルギーや醤油などによる大豆アレルギー、
カツオなどの出汁などによる魚などのアレルギーがありますので、調味料や味付けにも注意が必要です。

まとめ

一見身体に良さそうな七草粥ですが、大人と同じ感覚で作ってしまうと重大なアレルギーを引き起こすこともあります。
赤ちゃんが何のアレルギーを持っていのるかしっかりと理解した上で、赤ちゃん専用の七草粥を作ってあげましょう。

一家揃って無病息災、一年を元気に過ごしていきましょう。

スポンサーリンク

-フード, 健康関連, 冬の行事, 年末年始, 赤ちゃん
-, , ,

関連記事

寒い

冬に冷え性の人が太るのは何故?原因と改善方法を知って悩みを解消!

冬になるとクリスマスに忘年会と楽しいイベントが盛り沢山。 思いっきりおしゃれして楽しみたいところですが、何故か毎年太ってしまう…。 スポンサーリンク そんな経験はありませんか? 間食も頑張って我慢して…

続きを読む

みりん風調味料

みりん風調味料は体に悪い?添加物や栄養価を徹底解剖!

和食だけでなく様々な料理で活躍するみりん。 スーパーでは本みりんと比べ「みりん風調味料」の方がお手頃な価格で購入できます。 その安さとみりん「風」という名前から、なんだか身体に悪いのではと思っている方…

続きを読む

猫

猫アレルギーの人が猫を飼う方法は?アレルギーの判断方法と対策

一人暮らしを始めるとなんだか少し寂しくてペットでも飼いたいなとなりますよね。 可愛さいっぱいで大人気の猫ですが、いざ飼ってみたら猫アレルギー持ちが発覚…。 などということがあったら大変ですよね。 スポ…

続きを読む

だるま

正月にだるまの目はいつ入れる?書き方や筆入れはマジックでもいい?

年々正月飾りをする家庭は減っています。 そんな中でもお正月になるとだるまを飾る家庭はまだ多くあります。 願い事や受験などの目標への験担ぎとして最適なだるまをお正月に飾る際、 目はいつ入れればいいのか、…

続きを読む

皇居紅葉

皇居の通り抜けにベビーカーで行っても大丈夫?混雑状況や待ち時間は?

12月の頭から約5日間、皇居乾通りを一般公開します。 美しい皇居の紅葉を見に毎年多くの人が訪れるこのイベントです。 今回は小さなお子さんをお持ちの方は赤ちゃんをベビーカーで参加できるのか、 混雑状況や…

続きを読む