内定先へ年賀状は出すべき?誰宛で出すの?学校名は入れるの?

年賀状 ビジネス

年賀状
就職活動も終わり、年末が近づくといよいよ年賀状シーズンです。
普段友人などにはあまり年賀状を書かなかったような人でも、
内定先へは年賀状を出したほうがいいのか気になることかと思います。

今回はそんな内定先へ年賀状を出すべきなのか、
そして出すならば誰宛で出せばいいのか、自分の学校名は入れたほうがいいのか説明していきます。

スポンサーリンク
  

内定先へ年賀状は出すべき?

内定先へ年賀状は出さなくても良いです。
出さなかったからといって礼儀がなっていないや、入社後に悪印象を持たれることはありません。
社会では虚礼廃止といって会社間の年賀状のやり取りをしていないこともありますので、出さないことを咎められることは基本ありません。

しかし、会社によっては内定者が年賀状を送ることをマナーだと思っているところも存在します。
また、送ることによって早く名前を覚えてもらえたり、入社後会話のきっかけとなる場合もありますので、
もし年賀状を出すことに対してネガティブな気持ちがなければ送ることをオススメします。

内定先への年賀状は誰宛で出すの?

基本的に年賀状は就職活動の際にお世話になった人事や採用担当方、そして社長宛で出します。
体育会系の雰囲気がある職場の場合社長宛でも送っておいたほうが良いでしょう。

その際宛名には部署名と名前をしっかりと書くようにしましょう。
特定の誰かに宛てるわけでないのでしたら、名前ではなく「御中」で良いです。
人事の人でなく人事部自体に宛てるのだったら「人事部 御中」となります。

スポンサーリンク

内定先への年賀状へ自分の学校名入れた方がいいの?

内定先の年賀状の差出人の部分には在学校名に加え、
学科(専攻)と名前を書きましょう。

第二新卒などで卒業後の内定の場合は在学校名に加え、
学科(専攻)卒と名前の形式で書くと良いです。

まとめ

就職に向けて何をすればいいのか緊張や焦りもあるかもしれません。
就職後に長く付き合っていく内定先の人に対して、マイナスの印象を持たれることの無いよう、
年賀状を出す場合はマナーにしっかりと気をつけましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました