姪っ子の赤ちゃんへお年玉はどうする?いくら?代わりの物をあげる?

お年玉 マナー関連

お年玉
甥っ子や姪っ子の赤ちゃんは自分の子でなくてもとても可愛いですよね。
大晦日には甥っ子や姪っ子にお年玉をあげるということは珍しくありません。

しかし、まだ赤ちゃんですのでお金を渡すというのもなと思っているかもしれません。
今回は甥っ子や姪っ子としての赤ちゃんに、お年玉はいつからあげればよいのか、
もしお年玉をあげるならいくらあげるのが良いのか、
代わりに物をあげるならどんなものがいいのか説明していきます。

スポンサーリンク
  

甥っ子や姪っ子の赤ちゃんにお年玉はいつからあげる?

いつからあげるからは自身の気持ちや親族付き合いの空気によって決めるとよいです。

甥っ子や姪っ子ができたといってもまだ赤ちゃん。
あげたお年玉は両親に対して
「そのお金で甥姪のために何か買ってあげてね」
の意味合いを込めて渡すものになります。

お年玉は必ずあげなければいけないものではないので、無理をしてまであげる必要はありません。

しかし、現代では親族付き合いの意味合いも強いお年玉。
あげないと角が立つこともありますので、赤ちゃんの間はおもちゃやベビーグッズをプレゼントするのも良いでしょう。

スポンサーリンク

お年玉を赤ちゃんにあげるならいくら?

お年玉は年齢や、就学すると学年に従って上がっていくのが一般的です。

赤ちゃんから幼稚園・保育園などの未就学児童にお金であげる場合は
おおよそ1,000円から2,000円程度をあげると良いでしょう。

赤ちゃんへのお年玉の代わりにあげるなら?

赤ちゃんにはお年玉の代わりにおもちゃやベビーグッズを買ってあげるのがオススメです。

おもちゃは赤ちゃんのうちから様々なもので遊ぶと感受性や後の才能に大きく影響してきます。
可愛い甥っ子や姪っ子の将来にささやかながら力添えできるかもしれません。

また、どんどん成長していく赤ちゃんはお洋服なども直ぐにサイズが変わってしまい親だけが買っていると結構お金がかかります。
こういった機会にプレゼントとしてベビー用の服をプレゼントするのも良いでしょう。

しかし、おむつやミルクなどのベビー用品は赤ちゃんごとに合う合わないがありますので、
安意に買ってプレゼントというのは控えたほうが良いです。

まとめ

合う度に顔がほころぶ可愛い赤ちゃん。
甥っ子姪っ子といえど、今の彼らは今しかみることができません。
お年玉としてお金でも良いですが、赤ちゃんに喜んでもらえるような贈り物ができると良いですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました