仕事始めの日に風邪で休むのはよくない?連絡や出社後の挨拶はどうする?

社会人風邪 ビジネス

社会人風邪
年末年始の休暇が終わり、いよいよ仕事始めという時に風邪を引いてしまったりと
やむを得ず休みを取らなければならないことがあるかもしれません。

しかしやはり仕事始めは何かと業務も多く忙しいもの。
その日は多少の無理をしても出社するべきなのでしょうか?

今回は仕事始めの日に風邪などの理由で休んでしまうのは良くないのか、
またその連絡はどうすればいいのか、仕事始めの日に休んだ後出社した際に挨拶はどうすればいいのか説明していきます。

スポンサーリンク
  

仕事始めの日に風邪で休むのはよくない?

仕事始めの日は様々な会議や打ち合わせ、溜まったメールの処理などと数多くの仕事があります。
仕事始めだからといって無理をして会社に行くことは決して良いことではありません。

必ずまずは病院へ行き診察して貰いましょう。
仕事始めの日によってはまだ病院が休みの可能性もあります。
こちらのサイトでは年末年始にやっている病院が検索できます。

仕事始めに休むための連絡はどうする?

仕事始めに休む連絡は、体調を崩した段階で上司にしっかりと連絡をとっておくことが重要になります。
また、打ち合わせや会議がある場合には必ず相手にも早めの連絡をするようにしましょう。

日を改めることのできない急ぎの打ち合わせや会議の場合ですと、
近年では遠隔での会議を導入している会社も多くありますので、可能であればそのような物を利用すると良いですね。

スポンサーリンク

仕事始めを休んだ後に出社した際の挨拶はどうする?

仕事始めの際に出社をする際はあけましておめでとうございますと挨拶することがほとんどかと思います。
しかし、そのタイミングを逃してしまった場合どのように挨拶をすればいいのでしょう?

暦の上では1月15日までがお正月とされています。
これを目安に、それ以降の出社の場合は「おはようございます」と普段通りの挨拶をするとよいでしょう。

まとめ

皆さんが忙しくしている時期に休んでしまうとなんだか申し訳ない気分になってしまうかと思います。
しかしまずはしっかりと体調を治すことが最優先です。
ゆっくり休んで出社後は一年にいいスタートが出来るよう頑張りましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました