年賀状として去年のあまりを使っても良いの?郵便局で交換はできる?

年賀状 マナー関連

年賀状
昨年年賀状を買ったものの様々な理由で出せなかった方や、
毎年年賀状を沢山書かれる方は結構去年の年賀状が余ってしまっているのでは無いでしょうか?

捨ててしまうのは勿体無いしその年賀状で今年は送らせていただいてもいいのかな?と思っている方の為に、
今回は去年の年賀状の余りを使ってもいいのかどうかと、
郵便局で今年の年賀状へ交換は出来るのかについて説明していきます。

スポンサーリンク
  

年賀状として去年のあまりを使っても良いの?

昨年(送る時点では今年)の年賀状を送ることはマナー的によろしくありません。
また、付随している年賀状お年玉も昨年のものは無効になります。
万が一受け手が気が付かなかったとしても、お年玉確認の際に引き換えができないとなるとあなたに対する印象を悪くしてしまうかもしれません。
どうしても昨年の年賀状を使用したいという方は親しい友人などに送るようにし、
しっかりと届いた後に事情を説明しておきましょう。

スポンサーリンク

去年の年賀状は郵便局で交換できるの?

昨年の年賀状はマナーを犯してでも使用しないと無駄になってしまうのでしょうか?

今年のデザインの年賀状は書き損じなどをしてしまった場合、郵便局で1枚手数料5円で新しいものと取り替えてもらえます。
しかし、昨年の年賀状を郵便局で今年の年賀状と交換するのは不可能です。
付属しているお年玉が理由なんだそうです。

ですが、通常はがきや切手といったものに交換することができます。
どうしても今年の年賀はがきに出費したくないという方はこちらで交換した通常はがきで送るという方法がオススメです。

まとめ

年賀状は出す量も増えると出費がかさみますので、できれば昨年余ってしまったものは有効活用したいですよね。
しっかりとそれを使ってもいい相手なのか、違う方法で出すのも良いのではないかと考えて送るようにすると良いですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました