ひそひそ話.com

日常のお役立ち情報をひそひそっとお伝えします。

健康関連 赤ちゃん

フッ素歯磨きは赤ちゃんに悪影響?いつからする?飲み込んだら?

投稿日:

赤ちゃん歯
赤ちゃんも歯が生えてくると気になるのが虫歯問題。
しっかり磨いてあげているつもりで、どうしても気になってしまいますよね。

歯医者さんやなどでは虫歯対策としてフッ素がすすめられることもよくあります。
しかしフッ素はカラダに悪いだなんて話も耳にしますよね。

今回はそんなフッ素での歯磨きを赤ちゃんにしも悪影響はないのか、
そしてフッ素歯磨きはいつからするのか、もし誤って飲み込んでしまったらどうすればよいのか説明していきます。

スポンサーリンク
  

フッ素は赤ちゃんに影響するの?

フッ素の効用は様々な世論が有りますが、科学的には危険性が証明されていません。
フッ素単体で多量に摂取をしてしまうのはよくないことですが、フッ素歯磨き程度の量でしたら、
赤ちゃんであっても問題はありません。

しかし、塗った後に30分程度は唾液を吐き出させるように歯医者さんの方からは言われます。
もし飲み込んでしまっても少量でしたら死に至るようなことはないので大丈夫でしょう。
しかし、お腹を下してしまったりすることもあるようですので、注意は必要です。

スポンサーリンク

フッ素歯磨きは赤ちゃんにいつからできる?

赤ちゃんのフッ素塗布は歯が生えた頃から1歳を目安に開始します。
また、大量摂取を避けるためフッ素歯磨きのペースは
最低半年に1回から3ヶ月に1回程度にしておきましょう。

フッ素歯磨きを赤ちゃんが飲み込んだら危険?

基本的に少量でしたら危険性は殆どありません。
市販の物であったとしても、緑茶由来の成分で作成されていたりと
万が一誤って体内に取り込んでしまった時のことも考えられています。

しかし誤っての見込んで自分の意思で吐くことのできない赤ちゃんですので、
もし体調に異変があるようでしたら速やかに病院へ連れていきましょう。

まとめ

一度虫歯が出来ると成長後も虫歯ができやすくなりがちです。
誤飲などには気をつけながら、しっかりと小さいうちから予防に努めたいですね。

スポンサーリンク

-健康関連, 赤ちゃん
-, ,

関連記事

加湿器は一人暮らしの部屋に必要?冬での効果やお手入れは面倒なの?

冬になると空気の乾燥による身体への影響が目立ってきますよね。 肌荒れに、喉の痛み何かが主な影響でしょうか。 スポンサーリンク 病気ではインフルエンザなんかもありますし、 もし一人暮らしの中でかかってし…

続きを読む

赤ちゃんとおかゆ

七草粥は赤ちゃんにいつからあげる?離乳食になる?アレルギーは?

年末年始の忙しさも抜け、1月7日になると春の七草で作る七草粥を食べるのが昔からの風習ですね。 年始のおいしいごはんやお酒で弱った胃腸を休める役割と同時に、一年の無病息災を祈る意味を持つ七草粥。 折角な…

続きを読む

床暖房

床暖房は赤ちゃんに悪影響?使う際の危険対策とお昼寝時のポイント

冬になると外だけでなく家の中まで冷え込んでしまいますよね。 最近の住宅ではマンション、一軒家問わず床暖房を備えているご家庭は多いのではないでしょうか? 我々大人が寒いのですから、赤ちゃんはもっと寒さに…

続きを読む

風邪

大学のテスト期間にインフルエンザにかかったら単位や留年は大丈夫?

気温がぐんと下がり、空気も乾燥してくると今年もまたインフルエンザが流行りだします。 予防接種や対策を心がけていてもかかってしまう時はかかってしまうもの。 インフルエンザにかかってしまうと学校では一週間…

続きを読む

お年玉

姪っ子の赤ちゃんへお年玉はどうする?いくら?代わりの物をあげる?

甥っ子や姪っ子の赤ちゃんは自分の子でなくてもとても可愛いですよね。 大晦日には甥っ子や姪っ子にお年玉をあげるということは珍しくありません。 しかし、まだ赤ちゃんですのでお金を渡すというのもなと思ってい…

続きを読む