フッ素歯磨きは赤ちゃんに悪影響?いつからする?飲み込んだら?

赤ちゃん歯 健康関連

赤ちゃん歯
赤ちゃんも歯が生えてくると気になるのが虫歯問題。
しっかり磨いてあげているつもりで、どうしても気になってしまいますよね。

歯医者さんやなどでは虫歯対策としてフッ素がすすめられることもよくあります。
しかしフッ素はカラダに悪いだなんて話も耳にしますよね。

今回はそんなフッ素での歯磨きを赤ちゃんにしも悪影響はないのか、
そしてフッ素歯磨きはいつからするのか、もし誤って飲み込んでしまったらどうすればよいのか説明していきます。

スポンサーリンク
  

フッ素は赤ちゃんに影響するの?

フッ素の効用は様々な世論が有りますが、科学的には危険性が証明されていません。
フッ素単体で多量に摂取をしてしまうのはよくないことですが、フッ素歯磨き程度の量でしたら、
赤ちゃんであっても問題はありません。

スポンサーリンク

しかし、塗った後に30分程度は唾液を吐き出させるように歯医者さんの方からは言われます。
もし飲み込んでしまっても少量でしたら死に至るようなことはないので大丈夫でしょう。
しかし、お腹を下してしまったりすることもあるようですので、注意は必要です。

フッ素歯磨きは赤ちゃんにいつからできる?

赤ちゃんのフッ素塗布は歯が生えた頃から1歳を目安に開始します。
また、大量摂取を避けるためフッ素歯磨きのペースは
最低半年に1回から3ヶ月に1回程度にしておきましょう。

フッ素歯磨きを赤ちゃんが飲み込んだら危険?

基本的に少量でしたら危険性は殆どありません。
市販の物であったとしても、緑茶由来の成分で作成されていたりと
万が一誤って体内に取り込んでしまった時のことも考えられています。

しかし誤っての見込んで自分の意思で吐くことのできない赤ちゃんですので、
もし体調に異変があるようでしたら速やかに病院へ連れていきましょう。

まとめ

一度虫歯が出来ると成長後も虫歯ができやすくなりがちです。
誤飲などには気をつけながら、しっかりと小さいうちから予防に努めたいですね。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました