職業訓練校の面接で必要な持ち物や服装は?髪色が明るいのはNG?

話す ビジネス

話す
ハローワークでの手続きや書類の提出を終え、次はいよいよ職業訓練の面接ですね。
とはいったものの職業訓練校やハローワークから面接に際して手取り足取りアナウンスがあるわけではありません。

面接当日になにか必要な持ち物はあるのでしょうか?
他にも面接当日の服装や、髪色などと身の回りの事に関することを説明していきます。

スポンサーリンク
  

職業訓練校の面接で必要な持ち物は?

職業訓練校の選考では面接だけの場合と、面接に加えて筆記試験がある場合があります。
どちらの場合でも最初に書類の記入や、結果郵送用の封筒を記入しますので筆記用具は必ず持参しましょう。

続いての大切な持ち物は受験票です。
面接のみの場合は受験票が無いこともありますが、筆記試験がある場合はハローワークからや郵送にて事前に受取ることが多いです。
必ず会場に持っていくことを忘れないようにしましょう。

基本的な持ち物はこの2点のみですが、職業訓練校によっては結果郵送用の封筒に貼り付ける切手が必要なこともあるようです。
職業訓練校へ日時の連絡をする際に念のため確認しておくようにしておきましょう。

スポンサーリンク

職業訓練校の面接はどんな服装で行く?

職業訓練校の面接は男性はスーツ、女性もオフィスカジュアルやスーツなどで行くのが好ましいです。
面接時間は一瞬なのでわざわざスーツで行くのも面倒くさいですが、社会の適合性や授業に臨む姿勢を見る場ですので、
しっかりと真面目な印象を持たれるような服装で行きましょう。

靴も黒の革靴などを選び、女性の方はつま先の出る靴は避けましょう。

職業訓練校の面接で髪色が明るいのはNG?

職業訓練校の面接の際の髪色は黒色か暗めの茶色が好ましいです。
髪の色で授業へ臨む姿勢が変わるわけではないのですが、
失業者の就職支援という国の制度の一部である以上、固い考え方の方も多いです。
明るい髪色の方は面接の日だけでも落とせる黒染めなどをしておくことをオススメします。

勿論、髪色が黒だから必ず受かる。明るい色だから必ず落ちる。というものではありません。
しっかりとその授業に臨む姿勢や心意気を面接で話すことに努めるのが一番です。

まとめ

職業訓練校が始まると新たな環境での数ヶ月がスタートします。
しっかりとその次のステップへ踏み出せるよう、面接ではしっかりと自身の想いを話しましょう。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました