ひそひそ話.com

日常のお役立ち情報をひそひそっとお伝えします。

冬の行事

着物で冬場の雨対策を徹底解説!雨コートは必要?靴はどうする?

投稿日:2017年10月21日 更新日:

着物雨
冬になると気温も下がり、お出かけ時の着物にも羽織やコートなどを着ることが増えてきます。
着物に雨は大敵ですよね。
しかし悲しいことに、近年では冬場であっても雨が降る日も多いですよね。

今回はそんな冬の雨の日に着物を着てお出かけする際の対策と、
雨コートは必要なのか、靴はどうするのか説明していきます。

スポンサーリンク
  

着物で冬場の雨対策は?

はじめに、雨の量がとても多いような日には着物での外出はオススメしません。
どんなに上から雨対策をしたとしても湿気でイタみが発生します。

結婚式場などの雨に濡れない場所が目的地であるならば、
自宅から会場まで車で送ってもらう。タクシーを利用するというのが好ましいです。
また、足元に関しては普通の靴で会場に向かい、現地で草履に履き替えるようにしましょう。

しかし、雨であってもどうしても着物でなければならない時や、
小雨だからなんとかなるんではないか…?
という日もあることでしょう。

次章以降で羽織モノと履物の雨対策について説明していきます。

スポンサーリンク

着物で冬場の雨に雨コートは必要なの?

普段の着物の上から必ず撥水性のある物を羽織りましょう。
その際に着物グッズとして挙げられるのが雨コートです。
雨コートにはポリ製のものや、洗濯が可能なものがあります。
小雨時に着物を着て外を歩く時には着物のテイストを損なわずに雨対策をすることが出来るのでオススメです。

しかし、屋内で着物を着るという場合は移動時に着物のテイストを保っている必要はありません。
ポンチョや大判ショール、マントのような全体をすっぽりと包む事のできるものを羽織ると良いです。

また、袖は注意していないと雨に濡れやすいポイントです。
羽織る際は袖を捲くってしっかりと包み込み、濡れないように気をつけましょう。

着物で冬場の雨のに靴はどうする?

靴として着物の場合は下駄や草履を履くことが多いですよね。
雨の日の足元は雨用の草履カバーを付けたり、雨下駄などを履きましょう。

また、室内が目的地の場合は下駄や草履は持っていき、
目的地まではレインブーツなどを履いていくと良いです。

まとめ

着物を着ていると全てのシーンでカッチリしがちですが、
最も着物を輝かせるシーン以外では着物を守ることを意識しましょう。
一着一着がとても高価ですので、ダメージに繋がる雨の対策はしっかりとしておきましょう。

スポンサーリンク

-冬の行事
-, ,

関連記事

羽毛布団

羽毛布団の選び方のおすすめ!羽根布団との違いや手入れとダニ対策

寒くなってくると都心のマンションであっても夜は底冷えしますよね。 寝具は毎日使用するものですから、快適に過ごせるものを選びたいところですよね。 今回は冬の快眠に欠かせない羽毛布団について、 買ってから…

続きを読む

ラメランス

クラシエのラメランス評判は?ボディウォッシュの成分や使用感を解析!

空気も乾燥してきて肌の乾燥が気になる季節になりました。 スポンサーリンク 2017年9月に世界初の技術を取り入れたボディウォッシュとして登場したクラシエのラメランスでは、 乾燥肌を防ぐ為の技術が取り込…

続きを読む

チョコ

バレンタインの短期アルバイトの内容は大変なのか、研修について解説

2月が近づくとぞくぞくとバレンタインに向けたアルバイトの募集が出てきます。 都心になると時給も高く短期間で稼げる人気のアルバイトですが、 実際採用後にはどんな仕事内容なのでしょうか? スポンサーリンク…

続きを読む

登壇

忘年会の余興で新人が心がけることは?失敗したら?上司はどう思う?

忘年会シーズンに入ると新人の皆さんは余興を任されることが多くなりますよね。 業務の合間や終業後にネタを考える傍ら、 余興が失敗してしまったらどうしようなどと不安に思うこともあると思います。 スポンサー…

続きを読む

年賀状

内定先へ年賀状は出すべき?誰宛で出すの?学校名は入れるの?

就職活動も終わり、年末が近づくといよいよ年賀状シーズンです。 普段友人などにはあまり年賀状を書かなかったような人でも、 内定先へは年賀状を出したほうがいいのか気になることかと思います。 スポンサーリン…

続きを読む