ブリザードフラワーを結婚祝いとして貰うのは嬉しい?生花の方がいい?

ブリザードフラワー マナー関連

ブリザードフラワー
様々な祝いや感謝のイベントで、贈り物の定番となっているブリザードフラワー。
もちろん、結婚祝いとして送ることもたくさんあります。

そんなブリザードフラワーを貰った側は果たして本当に嬉しいのでしょうか?
今回は生花とくらべてどうなのかということも踏まえ、説明していきます。

スポンサーリンク
  

ブリザードフラワーを結婚祝いとして貰うのは嬉しいの?

結婚祝いとして一生懸命考えた気持ちの篭ったものでしたら貰う側は基本的には嬉しいです。

しかし、貰った後にしばらくして飽きたり傷んでしまったら、置き場所で困らせてしまったらと悩むかもしれません。
ブリザードフラワーは基本的に3,4年ほど持つものが多いです。
置く場所も玄関などにおくと華やかになりますし、水の交換を必要としないので、
貰い手が好きな場所においておくことができます。

スポンサーリンク

勿論嬉しいですし、突飛なものをあげるよりは無難なプレゼントですので良いでしょう。

ブリザードフラワーと生花は結婚式であげるならどちらの方がいい?

あげる相手がガーデニングなどという場合を除き、ブリザードフラワーをあげることをオススメします。
結婚式後に引っ越しや旅行をするという人も少なくありません。
直ぐに飾ったり世話をすることのできないこういった場合にでも
ブリザードフラワーでしたら心配する必要はないです。

しかし、勿論生花の方が生き生きとしており、日々変わる表情を楽しむことが出来るため、
あげる相手が小まめな手入れも好むタイプだったり、花好きの方へのプレゼントならば生花でも良いでしょう。

しっかりと相手のことを考え、どちらに当てはまるかで判断しましょう。

まとめ

家の中に花があると一気に空間が華やかになります。
面倒くさがり屋の方でも手入れ不要のブリザードフラワーは無難に喜んでもらえるプレゼントです。

相手のことを考えた上で、一言などを添えてプレゼントすると喜ばれること間違いなしです。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました