ひそひそ話.com

日常のお役立ち情報をひそひそっとお伝えします。

冬の行事

節分の飾りに皆で切り絵を作ろう!切り絵道具のおすすめと飾り方

投稿日:2017年10月27日 更新日:

鬼
お子さんのいる家庭では鬼の仮面を一緒に手作りするということが多いかと思います。

節分の時期のスーパーやデパート、雑貨店などでは
鬼や柊の葉をあしらった可愛い素敵な飾り物が沢山出てきます。
しかし折角1年に1度の行事ですので、飾り付けも鬼の仮面と一緒に手作りしてはいかがでしょうか?

今回は節分の手作り飾りとしてオススメの切り絵についての説明と、
切り絵を始めるに当たっての道具のオススメと、飾り方についても説明していきます。

スポンサーリンク
  

節分の飾りには切り絵がオススメ!

切り絵は紙と切るものさえアレば子どもから大人まで幅広く楽しむことの出来る飾りです。
また、突きつめていくと芸術作品としての価値が出たり、季節を問わず素敵な飾りとして活用することもできます。

お子さんと一緒に楽しむと同時に、切り絵に興味を持つようでしたらお子さんたちの将来へとつながっているかもしれません。
そのような将来の選択肢の一つを与えることが出来るということも、切り絵の素晴らしいところです。
節分では鬼の切り絵が主ですが、
ゆくゆくはお子さんの好きなキャラクターを用いて切り絵を作ったりと、
飾りのバリエーションはどんどん広がっていきます。

切り絵の道具のおすすめは?

初めのうちは安全を考慮して、紙とハサミで行うといいでしょう。
折り紙や色画用紙は100円均一ショップで購入することが出来ます。

スポンサーリンク

それらの紙にペンで切る外枠を描き、お子さんにそれに沿って切って貰いましょう。
目や口、鼻などはペンで書いて完成とするも良し、お父さんお母さんがカッターで切り抜いてあげるのも良いです。

その後、より細かい物を作るようになったら、カッターを使うと良いです。
しかし、カッターは指などを切ってしまう恐れもありますのでよく注意して使用しましょう。

上達してきて、より精密に切るためにはデザインナイフを使用するのがオススメです。
デザインナイフは文具店や東急ハンズなどで購入することができます。
歯が書けやすいので、取扱には十分注意しましょう。

また、カッターなどを使用する際には下にカッター用マットを敷くようにしましょう。

切り絵の飾り方は?

作った切り絵を飾る際はそのまま壁に貼るのもよいですが、額に入れて飾ると立派な飾りつけに見えます。

額は切り絵の大きさに合わせて100円均一ショップで購入できます。
背景となる画用紙を入れ込み、その上に作った切り絵を貼り付けて入れると良いです。
背景の画用紙に装飾をしてもより素敵に仕上がります。

まとめ

季節のイベントでお子さんと一緒に工作や飾り作りをすることは、
様々な考え方や、好きを引き出し伸ばすのにとても効果的です。
積極的にいろいろなものづくりに挑戦してみてください。

また、刃物を扱う際は必ず保護者の方が同伴して、
怪我をしないよう十分注意して取り組みましょう。

スポンサーリンク

-冬の行事
-,

関連記事

お歳暮

お歳暮を自分で包装したらどう思われる?包装紙や風呂敷で包む方法

お世話になっている方に、1年の感謝や挨拶の気持ちを込めて贈るお歳暮。 デパートや百貨店のお歳暮コーナーに並んでいるラインナップやカタログには贈りたいと思う商品が無いこともありますよね。 日頃お世話にな…

続きを読む

お年玉

姪っ子の赤ちゃんへお年玉はどうする?いくら?代わりの物をあげる?

甥っ子や姪っ子の赤ちゃんは自分の子でなくてもとても可愛いですよね。 大晦日には甥っ子や姪っ子にお年玉をあげるということは珍しくありません。 しかし、まだ赤ちゃんですのでお金を渡すというのもなと思ってい…

続きを読む

年賀状

内定先へ年賀状は出すべき?誰宛で出すの?学校名は入れるの?

就職活動も終わり、年末が近づくといよいよ年賀状シーズンです。 普段友人などにはあまり年賀状を書かなかったような人でも、 内定先へは年賀状を出したほうがいいのか気になることかと思います。 スポンサーリン…

続きを読む

羽毛布団

羽毛布団の選び方のおすすめ!羽根布団との違いや手入れとダニ対策

寒くなってくると都心のマンションであっても夜は底冷えしますよね。 寝具は毎日使用するものですから、快適に過ごせるものを選びたいところですよね。 今回は冬の快眠に欠かせない羽毛布団について、 買ってから…

続きを読む

社会人の疑問

忘年会で新人の欠席はどんな理由なら許される?人事評価やお詫びは?

年末が近づくにつれ職場でのビッグイベントである忘年会も開催されます。 忘年会の幹事や出し物などは新人が事前から入念に準備をすることが多いですよね。 欠席をしようものなら同期に負担をかけてしまいますし、…

続きを読む