年賀状は自己都合退職の場合元上司に出すべき?出す場合の宛先は?

年賀状 ビジネス

年賀状
年末が近づくと年賀状の準備が始まりますね。
年度内に退職をされたかたは退職した職場でお世話になってきた方へ年賀状を出した方がいいのか気になるかと思います。

今回は自己都合で職場を退職された方が、元職場へ年賀状を出すべきなのか、
そして出す場合はどの上司に出せばいいのか、宛先として職場の住所を書いてもいいのか説明していきます。

スポンサーリンク
  

年賀状は自己都合退職の場合出すべき?

年賀状は自己都合での退職の場合でも出さなくて大丈夫です。

しかし、人と人の縁は広いようで思わぬところでまた繋がったりするものです。
一筆したためるだけであっても、また会ったりする機会に気まずい思いをしないで済むかもしれません。
出さなければいけないわけではありませんが、本当にお世話になった方には出すことをオススメします。

もし出す場合は、「転職先の職場は前と比べ良くなった〜」などの、皮肉に捕らえられてしまうような事柄は避け、お世話になった感謝の意や、前向きな姿勢を書くようにしましょう。

スポンサーリンク

年賀状を退職した職場に出す場合どの上司に出す?

退職した元職場に年賀状を出す場合、出すのはどうしても出したいと思う、仲の良かった人や、お世話になった上司に出しましょう。
勤めていた際の立場にもよりますが、社長や役員といったあまり普段の仕事の中で関わりの少なかった人には、あまり出す必要はありません。

自身が今後とも良好な関係を続けていきたいなと思う人を取捨選択し、出しましょう。

年賀状の宛先は退職した職場でもいいの?

年賀状の宛先として退職した元職場の住所で出すことはあまりよくありません。
会社宛に届く年賀状は基本的にビジネス関係にある相手からの年賀状で、
一度管理部署を経由してから届くことがほとんどです。

あなたが退職後にビジネス関係でまだ繋がりがあり、年賀状を出すという場合は会社宛でも良いですが、
元部下として個人に宛てて年賀状を出す場合は、個人宛で出すのが好ましいです。

住所がわからない場合は、元同僚の方や、仲の良かった方に相談してみるのが良いです。

まとめ

会社として年賀状は虚礼廃止として徐々に出さなくなりつつあります。
しかし、今までお世話になったお礼をしたためるいい機会でもあります。
出さなければいけないわけではありませんが、少しでも前職場の上司に感謝の気持ちがあるようでしたら、
年賀状を出してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました