さっぽろ雪まつりの気温と服装の注意点 靴はスニーカーでも大丈夫?

さっぽろ雪まつり雪像 冬の行事

さっぽろ雪まつり雪像
2月に入ると有名なさっぽろ雪まつりが始まります。
開催地である北海道は厳しい寒さですので、防寒対策はしっかりとしておく必要があります。

今回はさっぽろ雪まつりの気温の目安と、服装の注意点を中心に、
靴はスニーカーでも大丈夫なのかなども交え説明していきます。

スポンサーリンク
  

さっぽろ雪まつりの気温は?

開催時期である2月は、北海道の中でも特に寒さの際立つ時期です。
平均気温はマイナス3度で、寒い時にはマイナス6度を下回ることもしばしばあります。

それに加え風が吹いたり、雨が降ると体感温度はより一層下がりますので、きちんとした防寒対策が必要です。

さっぽろ雪まつりの服装の注意点は?

さっぽろ雪まつりに参加する際の服装の注意点は、とにかく外気にさらされる面積を少なくすることです。
おすすめはスキーウェアの下にセーターなどをいくつか重ね着すると良いです。
それに加えてマフラーや耳あて、口元も隠せるようにしておくとなお良いでしょう。

スポンサーリンク

また、天候も変わりやすいので、暑かったら脱ぐ、汗はすぐに拭き取る。
雨には撥水性のカッパや雨具をカバンの中に入れておくなどとしておきましょう。
一度濡れてしまうと身体はどんどん冷えていってしまうので、要注意です。

さっぽろ雪まつりに参加する靴はスニーカーでも大丈夫?

さっぽろ雪まつりに参加する靴は、スニーカーはあまりオススメしません。
スニーカーだと靴底の溝が不十分ですので、雪道に慣れている人であっても滑らずに歩くことは困難です。

スパイクの歯や滑り止めがついた靴が好ましいですが、北海道旅行も併せてとなると荷物になってしまいますよね。
そういった場合は雪道などを歩くことを前提とした靴の溝が多いブーツやシューズを購入しておくことをオススメします。
旅行のためだけに新しく買うのは少し気がひけるかもしれませんが、旅行後も履くことができますし、
何より旅行中に滑って怪我をしてしまっては元も子もないので、必ずスニーカーでは行かず、スリップ対策をしておきましょう。

まとめ

折角楽しいイベントに参加するなら、できるだけ辛い思いをしないで楽しみたいですよね。
寒さで風邪を引いたり、滑って転倒し怪我をしてしまってはその後の旅行にも響いてきますし、
嫌な思い出として残ってしまうのは悲しいです。

しっかりと防寒、スリップ対策をしてさっぽろ雪まつりに臨みましょう!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました