バレンタインデーで職場への予算相場はいくら?タイミングや渡し方は?

チョコレート ビジネス

チョコレート
社会人のバレンタインデーといえば学生時代に比べ、
渡す相手との社会的関係やマナーなども考えて渡さなければいけず頭を悩ませがちです。

日頃お世話になっている職場で義理チョコを配る際、同僚、上司、部下などへ
渡す予算相場は一体いくら位なのでしょうか?
そして、バレンタインデーだとイベント気分で浮かれていると、
仕事に集中しろと上司から怒られてしまうこともおきかねません。

今回はそんな社会人のバレンタインデーが職場で配る予算相場と、
仕事に支障の出ない渡すタイミングや渡し方を説明していきます。

スポンサーリンク
  

バレンタインデーで職場に配る予算相場はいくら?

バレンタインデーで職場に配る予算相場は300円~1000円程です。

配る人数や、相手との関係性に合わせて予算を見積もってみましょう。

【人数での予算相場見積もり】

  • 配る相手が10人以下     500円~1000円程度
  • 配る相手が10人~30人程度  500円程度
  • 配る相手が30人以上     300円~500円程度

【渡す相手ごとの予算相場見積もり】

  • 渡す相手が部下 300円~500円程度
  • 渡す相手が同僚 300円~500円程度
  • 渡す相手が上司 300円~1000円程度
  • 渡す相手が役員 500円~1000円程度 またはそれ以上

部下や同僚など大量に渡す人に向けては安価な物を渡すと良いでしょう。
また、同じ部署の人には平等に同じ物を渡すようにしましょう。

スポンサーリンク

役職が上の方はバレンタインデーのようなイベントごとでは
社内だけではなく仕事で付き合いのある方などから様々な人から贈り物を貰います。
安いものを渡すことが悪いわけではありませんが、そうしたものと並んだ際に
顕著に浮いてしまうようなものは折角の贈り物が逆効果になってしまう場合もあります。
また、貰う数が多いので直ぐに食べることができず、手作りのものだと日持ちしない場合があるので、
出来る限り役員レベルの方へバレンタインデーに贈る場合は、日持ちのするものを選ぶことをオススメします。

バレンタインデーに職場で渡すタイミングは?

バレンタインデーに職場で渡すタイミングは朝出社して一番に渡すのがオススメです。

お昼休みに渡すことも可能ですが、午後以降は仕事が忙しくなってしまい渡しそびれてしまったり、社外に出てしまっている可能性もあります。
朝一番の出社と共に渡して周りましょう。

バレンタインデーに職場での渡し方は?

朝一番に配って周る際、既に出社している人に渡す場合は
「バレンタインデーなので、よかったら休憩時にでも食べてください」と言って渡すと良いでしょう。

また、まだ出社していない人に渡す場合は、デスクの上にメモと共に置いておくと良いです。
その際は簡単なメッセージと名前を忘れないようにしましょう。

まとめ

バレンタインデーに職場の人に渡す場合は考えなければならないことが多く少し大変ですが、
決して渡さなければいけないというものではありません。
バレンタインデーというイベントを楽しむことが大切です。

職場での関係を良好に保てるように、少しマナーなどに気をかけて予算や、
タイミングや渡し方を選択するようにしましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました