ひそひそ話.com

日常のお役立ち情報をひそひそっとお伝えします。

健康関連 冬の行事

寒暖差アレルギーの対策は?検査や完治に向けてどうすればいい?

投稿日:

鼻をかむ
寒い季節になると、屋外と室内の寒暖差によって鼻水が出たり、咳が出たりといわゆるアレルギーのような症状が出ることがあります。
このような症状はアレルギーの原因となるアレルゲンは関係がないのですが、「寒暖差アレルギー」などと呼ばれています。

今回はそんな寒暖差アレルギーに悩まされている方に、
寒暖差アレルギーの対策や、症状や原因を検査する方法はあるのか、
完治することは出来るのかどうかを説明していきます。

スポンサーリンク
  

寒暖差アレルギーの対策は?

寒暖差アレルギーを発症させないための対策は、体に気温による寒暖差を出来る限り減らすことが重要です。

寒暖差アレルギーは約7度前後の気温差を感じた時に症状が出やすいといわれています。
屋外に出る際にはマフラーなどによる顔周りの防寒を意識しましょう。
それ以外にも、屋内で着ているものの上からもう1枚着るなどと、
しっかりと寒暖に応じた柔軟な体温調節が出来るように心がけましょう。

また、その際のポイントとして、屋外に出る直前に羽織るのではなく、
屋外に出る3~5分ほど前から屋内で羽織っておき、ある程度体温でアウター内を
温めてから外に出ると、寒暖差による急激な体温の低下を防ぐことが出来るため、症状が出にくくなります。

寒暖差アレルギーは検査できるの?

寒暖差アレルギーは、アレルゲン物質によるアレルギー反応ではないため、検査によって原因が寒暖差アレルギーですということはありません。
しかし寒暖差アレルギーかもと思っていても、現在の症状が実は他の要因によって引き起こされている可能性も有りますので、
耳鼻科などで一度受診しておくと、より安心ですね。

スポンサーリンク

寒暖差アレルギーを完治するには?

寒暖差アレルギーを完治するためには、自律神経を整えることが大切です。
寒暖差アレルギーは、薬を飲んで治るものではありません。

日頃の食生活や、睡眠などを見直すと共に、
定期的な軽い運動や、筋トレを行い、基礎代謝をあげることをオススメします。

まとめ

寒暖差アレルギーは一見風邪かな?と勘違いし、放置してしまいがちですが、
自律神経の乱れを教えてくれている身体からのサインです。
寒暖差アレルギーかな?と思ったことをきっかけに、寒暖差アレルギー対策として生活習慣を見直す良い機会としてください。

スポンサーリンク

-健康関連, 冬の行事
-,

関連記事

お歳暮

お歳暮を自分で包装したらどう思われる?包装紙や風呂敷で包む方法

お世話になっている方に、1年の感謝や挨拶の気持ちを込めて贈るお歳暮。 デパートや百貨店のお歳暮コーナーに並んでいるラインナップやカタログには贈りたいと思う商品が無いこともありますよね。 日頃お世話にな…

続きを読む

皇居紅葉

皇居の通り抜けにベビーカーで行っても大丈夫?混雑状況や待ち時間は?

12月の頭から約5日間、皇居乾通りを一般公開します。 美しい皇居の紅葉を見に毎年多くの人が訪れるこのイベントです。 今回は小さなお子さんをお持ちの方は赤ちゃんをベビーカーで参加できるのか、 混雑状況や…

続きを読む

高校

センター試験は推薦合格の人も受けないとダメ?高校へ通知や卒業は?

私立の高校や進学校は推薦入試やAO入試の合格者であっても、 センター試験を受けるようにと定めている学校が多くあります。 スポンサーリンク しかし、受験が終わっているのにわざわざセンター試験を受けに行く…

続きを読む

Xmastreegirl

子どもの為にクリスマスツリーは毎年出す?面倒な時や出さない時の解決法

子どもを持つ家庭は12月に入るとクリスマスツリーを出すことが多いです。 マンションやアパートなどの集合住宅に住んでいると年の近い子を持つ家庭同士での交流や自宅に招くといった機会も少なくありませんよね。…

続きを読む

イルミネーション

自宅イルミネーションの注意点は?近所迷惑なのか防犯効果や対策は?

クリスマスが近づくと街はイルミネーションで華やかになりますよね。 同時に自宅でもイルミネーションを楽しんでいるという人も多くいらっしゃいますよね。 スポンサーリンク 家庭ごとに様々なイルミネーションを…

続きを読む