寒暖差アレルギーの対策は?検査や完治に向けてどうすればいい?

鼻をかむ 健康関連

鼻をかむ
寒い季節になると、屋外と室内の寒暖差によって鼻水が出たり、咳が出たりといわゆるアレルギーのような症状が出ることがあります。
このような症状はアレルギーの原因となるアレルゲンは関係がないのですが、「寒暖差アレルギー」などと呼ばれています。

今回はそんな寒暖差アレルギーに悩まされている方に、
寒暖差アレルギーの対策や、症状や原因を検査する方法はあるのか、
完治することは出来るのかどうかを説明していきます。

スポンサーリンク
  

寒暖差アレルギーの対策は?

寒暖差アレルギーを発症させないための対策は、体に気温による寒暖差を出来る限り減らすことが重要です。

寒暖差アレルギーは約7度前後の気温差を感じた時に症状が出やすいといわれています。
屋外に出る際にはマフラーなどによる顔周りの防寒を意識しましょう。
それ以外にも、屋内で着ているものの上からもう1枚着るなどと、
しっかりと寒暖に応じた柔軟な体温調節が出来るように心がけましょう。

また、その際のポイントとして、屋外に出る直前に羽織るのではなく、
屋外に出る3~5分ほど前から屋内で羽織っておき、ある程度体温でアウター内を
温めてから外に出ると、寒暖差による急激な体温の低下を防ぐことが出来るため、症状が出にくくなります。

寒暖差アレルギーは検査できるの?

寒暖差アレルギーは、アレルゲン物質によるアレルギー反応ではないため、検査によって原因が寒暖差アレルギーですということはありません。
しかし寒暖差アレルギーかもと思っていても、現在の症状が実は他の要因によって引き起こされている可能性も有りますので、
耳鼻科などで一度受診しておくと、より安心ですね。

スポンサーリンク

寒暖差アレルギーを完治するには?

寒暖差アレルギーを完治するためには、自律神経を整えることが大切です。
寒暖差アレルギーは、薬を飲んで治るものではありません。

日頃の食生活や、睡眠などを見直すと共に、
定期的な軽い運動や、筋トレを行い、基礎代謝をあげることをオススメします。

まとめ

寒暖差アレルギーは一見風邪かな?と勘違いし、放置してしまいがちですが、
自律神経の乱れを教えてくれている身体からのサインです。
寒暖差アレルギーかな?と思ったことをきっかけに、寒暖差アレルギー対策として生活習慣を見直す良い機会としてください。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました