インフルエンザ感染の原因はパソコンのキーボード?感染対策を解説!

健康関連


インフルエンザが流行り始めると、外出後や食事前に手洗いうがいを注意的に行う方が増えてきます。
空気経路のでの感染には皆さん意識を置きがちですが、ついつい見落としがちなのが接触感染です。

今回はそんな接触経路での感染において、近年の情報化社会の中で増えつつあるパソコンのキーボード経路での感染について説明し、パソコンのキーボード経路での感染対策について解説していきます。

スポンサーリンク
  

インフルエンザ感染の原因はパソコンのキーボード?

近年、インフルエンザ感染の原因としてパソコンのキーボード経由の接触感染が増加しています。

小中学校でのパソコンの授業や、会社などでも不特定多数の人が触る共同私用パソコンがあります。
インフルエンザや風邪をひいている人がキーボードを長時間触った後には、パソコンのキーボードに沢山のウイルスが付着しています。

それに気が付かないまま食事をとったり、目をこすったり鼻をほじったりといった行動であっても感染の確率は高まります。
なぜなら、目や鼻といった部分は粘膜ですので、非常にウイルスが侵入し易い環境なのです。

スポンサーリンク

インフルエンザのキーボード感染対策は?

インフルエンザの流行季節には、食事の前だけでなく小まめに手洗いうがいとアルコール消毒をすることが大切です。
インフルエンザのキーボード経由での感染対策としては、使用前には一度アルコール除菌ペーパーで拭くなどしましょう。
拭くことによる故障が気になる方は、無水エタノールの使用がオススメです。
無水エタノールは字の通り水を含んでいないエタノールですので、使用による故障の心配がいりません。
キーボードだけでなく、マウスなども除菌しておくとより効果が上がります。

インフルエンザの季節にキーボードや手を触れる部分はしっかりとアルコール除菌しておくことが一番の感染対策です。

まとめ

インフルエンザの季節になるとなんだか神経を尖らせてしまい、ストレスに感じることも多いかもしれません。
しかし、過度に神経質になりすぎて疲れてしまっても、それはインフルエンザに掛かりやすくなることになります。

インフルエンザの感染対策は重要なことですが、何から何まで除菌としていると疲れてしまいます。
過剰になりすぎることのないよう、除菌するのはキーボードとマウスにしよう。などと自身の中で決めておくといいですよ。
対策をストレスに感じることなく、しっかりとしたインフルエンザの感染対策を行いましょう。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました