あさりの砂抜きは閉じたままでも大丈夫?確認方法と上手にできるコツ

あさりの砂抜き フード

あさりの砂抜き
あさりを購入したらまずやることは砂抜きですよね。
スーパーなどであさりを購入したとしても、砂抜きが不十分であることはよくあります。

しかし、あさりの砂抜きをするものの、貝が閉じたままできちんと砂抜きできているのかわからない…といった経験はありませんか?
今回はそんなあさりの砂抜きにおいて、貝が閉じたままでも大丈夫なのかと、
あさりの砂抜きを上手にするためのコツと、あさりの砂抜きが完了しているかの確認方法を説明していきます。

スポンサーリンク
  

あさりの砂抜きは閉じたままでも大丈夫?

あさりの砂抜きで貝が閉じたままなのは、死んでしまっているのでしょうか?
あさりの貝が閉じてしまっていても、活動を一時的に休止していることが多いです。

原因としてあさりの砂抜きを行う際に、

    水を多く入れすぎてあさりが溺れてしまっている。
    冷蔵庫にて砂抜きを行っている為、冬眠状態になっている。
    弱ってしまって管を出す元気がない。
    塩水が不十分なため管を出さない。

ことが挙げられます。

完全に死んでしまっている場合や、中見が砂やヘドロになってしまっていることもありますので、
次章で説明します確認方法を実行し、食べられるかどうか判断しましょう。

スポンサーリンク

あさりの砂抜きの確認方法は?

閉じたままのあさりの砂抜きの確認方法は、一度流水ですすいだ後に軽く振ってみることで確認することが出来ます。
閉じたままのあさりを振った感触がコロンと軽ければ、中にはあさりが入っています。
逆に、振った感触が重たかったり、コツンと貝殻に何かがぶつかる感触は中が空であることが多いです。

あさりの砂はあさり自体の体内にあるわけではないので、こうした確認方法で中にあさりが入っているものを熱で蒸し、
一度殻を開いてから貝殻と身の隙間や、管周りに付着した砂がないか確認することをオススメします。
この際に重要なのが、茹でるのではなく蒸すことです。
茹でることであさりの旨味が出てしまいます。蒸すことで旨味を逃がすこと無く殻を開くことが出来ます。

あさりの砂抜きのコツは?

あさりの砂抜きのコツは、一度砂抜きされた砂をもう一度吸い込ませないことです。
砂抜きを行う際に、砂の逃げ場を作ってあげましょう。

あさりの砂抜きの際にバットやボウルを使用することが多いですが、
底に網などで2段にし、あさりはその上で砂抜きをし、砂抜きされた砂は網の下に沈むというような構造が良いでしょう。

視覚的に確認したい方は動画でもチェックしてみてください。

まとめ

あさりを使用した料理は大変美味しいですが、砂の入っているあさりを食べてしまうと、どうしても少し嫌な気持ちになってしまいます。
砂抜きの方法や、あさりの砂抜きで開かない時の確認をしっかり行うだけで、そういったストレスを無くすことが出来ますので、是非実践してみてください!

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました